ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します

名古屋陽子線治療センター

生活の質(QOL)に優れたがん治療の実現を目指して。

  • 文字を大きくするには
  • サイトマップ
  • English

Q&A

ホームQ&A よくある質問とその回答

Q&A よくある質問とその回答

陽子線治療について

治療費について

陽子線治療について

Q1:陽子線ってなんですか?

A:水素原子から電子を取り除いて、陽子だけを装置で高速に加速したものです。放射線の一つです。

Q2:陽子線治療はX線治療とどう違うのですか?

A:陽子線治療は、がん病巣に放射線を集中させることが可能で、正常組織への影響を低く抑えることが可能です。

Q3:陽子線治療はどんながんでも治療できますか?

A:すべてのがんが陽子線の治療適応(対象)となるわけではありません。また、対象疾患でも陽子線治療が適応と判断されない場合があります。詳しくは、主治医、または当センターのセカンドオピニオン外来にてご相談ください。

Q4:治療中に痛みや副作用はありませんか?

A:陽子線の照射で痛みや熱さを感じることはなく、副作用もX線と比べ軽度なことが多いです。起こり得る副作用は、照射部位によって異なるため、事前に十分な説明を行います。例えば、皮膚の粘膜を照射した場合に炎症を起こし、一時的にヒリヒリとして熱感を生じることがあります。

Q5:治療はどのくらいの日数がかかりますか?

A:陽子線治療は、月曜日から金曜日の週5日間、毎日通っていただき治療します。治療の期間は、治療部位によって異なりますが、治療期間の長い患者さんで約2ヶ月間かかります。

Q6:一回の治療時間はどのくらいですか?

A:実際に照射する時間は1から2分ですが、身体の位置をミリ単位で調整するため、20から30分かかります。

Q7:入院は必要ですか?

A:陽子線治療は身体の負担が少ない治療のため、通院治療が可能です。ただし、患者さんの状態や、治療方法により入院をしていただくことがあります。

Q8:治療後の診察方法はどのようになりますか?

A:紹介元の先生へ定期受診をしていただきます。また、当センターでは、陽子線治療の専門家という立場から、経過の確認をさせていただきます。

治療費について

Q9:治療費はいくらかかりますか?

A:治療費は、288万3千円となっています。現在のところ、これらの治療費は健康保険の対象になりません。ただし、それに付随する入院費や検査料は通常の保険診療の対象となります。

Q10:先進医療について教えて下さい。

A:厚生労働大臣の承認を受けたものを、通常の保険診療と併用できます。患者さんの費用負担は、先進医療の陽子線治療は全額自己負担、通常の保険診療は一部負担(3割など)になります。
例)陽子線治療料⇒全額自己負担
診察・検査費⇒一部負担(3割など)
薬代・入院費⇒一部負担(3割など)

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します