ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します

名古屋陽子線治療センター

生活の質(QOL)に優れたがん治療の実現を目指して。

  • 文字を大きくするには
  • サイトマップ
  • English

陽子線治療について

ホーム陽子線治療について放射線療法の中の陽子線治療

放射線療法の中の陽子線治療

放射線療法はこれまでX線やγ線、電子線を用いた治療が主流でしたが、近年さらに高い効果が期待され、正常組織への影響を低減できる陽子線治療が注目されています。陽子線治療は、炭素線治療と同じく粒子線治療の一種です。

放射線療法の種類

X線は、からだに近いところで放射線が強く、その後徐々に弱くなっていくのに対し、陽子線はある深さで放射線量が最大になり、それ以上先に到達しない特性を持っています。

この特性はブラッグピークと呼ばれています。ブラッグピークを腫瘍に合わせることで、腫瘍に放射線を強くあて、正常組織にあたる放射線を減らせるので、例えば、重要臓器の近くにあるがんなど、X線で治療しづらいがんにも高い治療効果が期待できます。

X線と陽子線の相対線量と深度のグラフ

X線は、からだの表面に近いところで放射線が強く、病巣に届くまでに減弱し、病巣の後ろも止まらずに突き抜けていきます。

X線のイメージ図

陽子線は、ある深さにおいて、放射線量がピークになる特性を持っており、病巣で放射線が強く、病巣の後ろで止まります。放射線を病巣に集中できるため、正常組織への影響を低く抑えることが可能です。

陽子線のイメージ図

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します