ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します

名古屋陽子線治療センター

生活の質(QOL)に優れたがん治療の実現を目指して。

  • 文字を大きくするには
  • サイトマップ
  • English

陽子線治療について

ホーム陽子線治療について治療できるがん前立腺がん

前立腺がん

前立腺がんについて

前立腺がんは、TNM分類に基づく臨床病期、グリソンスコアによる組織悪性度、PSA値などによるリスク分類により、予後や治療法が異なりますが、比較的緩徐に進行することが多いため、治療をすることで、根治が望める病気です。

前立腺がんの治療について

前立腺がんに対する高線量投与の放射線治療について、欧米における症例集積研究により、早期前立腺がんに対しては根治的放射線治療と根治的前立腺全摘術の局所制御率は同等の成績である、という結論が得られています。スタンフォード大学などの単施設における手術と放射線治療の後ろ向き比較研究においても、両者の治療成績に有意差のないことが示されています。

また、ホルモン療法の併用により、中・高リスク群でも手術と同等以上の成績が証明されています。高線量の放射線を投与可能な外部照射の方法として、陽子線治療やX線IMRTなどがあります。

陽子線治療は、X線IMRTと同様に、患者への侵襲が少なく、局所進行例でも広く適応があります。陽子線治療は、物理的特徴としてブラッグピークを有し、線量のピーク/プラトー比が高いため、線量分布が優れています。したがって、直腸や膀胱など周囲正常組織に対する影響を増やすことなく標的への線量増加を図ることができ、結果的に副作用を抑えながら、より高い効果を得ることが期待できます。

また、比較的均一に前立腺全体に照射が可能であり、X線IMRTと比較すると、周囲正常組織の低から中等度線量域を著明に低減させることが可能です。(下の図は前立腺がんに対する陽子線治療計画の線量分布図です。)陽子線治療とX線IMRTの治療効果は、どれだけ線量をいれて、がんのある範囲にきちんと放射線を照射するか(総線量、カバー率)で決まるため、施設毎にごくわずかの差が生じる可能性もありますが、効果は同程度と考えられます。

一方、直腸出血などの副作用に関しては、国内の多施設共同試験などの成績から、陽子線治療ではX線IMRTより副作用の生じる割合が少ないという報告がされています。

陽子線治療の線量分布

陽子線治療の線量分布

当センターの治療プロトコールについて

当センターでは、前立腺がんの治療を開始して250例以上の経験を積み重ねてきました。この度海外の陽子線治療の実績を参考にし、平成26年10月から新規のプロトコールに基づき、前立腺がんの陽子線治療について1回あたりの線量を上げ、照射回数を20回または21回としました。その結果、治療期間が短縮されました。(※除外条件に当てはまる方は従来の37回または39回の照射回数となります。)

プロトコールは、前立腺がん治療プロトコールを決める委員会を開催し、陽子線治療医だけでなく、広く外科手術、放射線治療、ホルモン療法を専門とする先生方にもご参加頂き、患者様にとって最善の治療となるプロトコールの完成を目標に検討を続けて決定した治療方針です。

また国内の他施設よりも、より効果を高め、より副作用を少なくできるように、金マーカーでの位置決めなどを実施しております。さらに、安心して患者様に治療をうけていただけるよう、経験豊富で優秀な精鋭を集め、スタッフ一丸となって取り組んでいきます。

対象に関しましては、下図のプロトコールによる陽子線治療以外にも、局所治療が有用と考えられる場合には、ホルモン療法を併用して陽子線治療を施行しています。

当センターの治療プロトコール

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します