ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します

名古屋陽子線治療センター

生活の質(QOL)に優れたがん治療の実現を目指して。

  • 文字を大きくするには
  • サイトマップ
  • English

センターの紹介

ホームセンターの紹介スタッフ紹介

スタッフ紹介

名古屋陽子線治療センター
荻野浩幸 センター長 兼 陽子線治療科部長

【資格等】
  • 医師免許
  • 学位(医学博士)
  • 日本医学放射線学会 放射線治療専門医
  • 日本医学放射線学会 研修指導者
  • 日本IVR学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本放射線腫瘍学会 代議員
  • 日本粒子線治療臨床研究会 世話人
  • 名古屋市立大学高度医療教育研究センター 教授
  • 臨床研修指導医
【主な所属学会】
  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • 日本IVR学会
  • 日本粒子線治療臨床研究会

センター長兼陽子線治療科部長顔写真

陽子線治療科
岩田宏満 陽子線治療科副部長

【資格等】
  • 医師免許
  • 学位(医学博士)
  • 日本医学放射線学会 放射線治療専門医
  • 日本医学放射線学会 研修指導者
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本放射線腫瘍学会 粒子線部会 幹事
  • 日本放射線腫瘍学会 生物部会 幹事
  • JROSG(Japanese Radiation Oncology Study Group)粒子線治療委員会委員
  • 臨床研修指導医
  • 緩和ケア研修会修了
【主な所属学会】
  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • ASTRO(American Society for Radiation Oncology)
  • 日本定位放射線治療学会
  • 国際癌治療増感研究協会

陽子線治療科副部長顔写真

服部有希子 陽子線治療科医師

【資格等】
  • 医師免許
  • 学位(医学博士)
  • 日本医学放射線学会 放射線治療専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 緩和ケア研修会修了
【主な所属学会】
  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会

橋本眞吾 陽子線治療科医師

【資格等】
  • 医師免許
  • 学位(医学博士)
  • 日本医学放射線学会 放射線専門医
  • 臨床研修指導医
  • 緩和ケア研修会修了
【主な所属学会】
  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • ASTRO(American Society for Radiation Oncology)
  • 日本IVR学会

中嶌晃一朗 陽子線治療科医師

【資格等】
  • 医師免許
  • 緩和ケア研修会修了
【主な所属学会】
  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • ASTRO(American Society for Radiation Oncology)

芝本雄太 非常勤医師

名古屋市立大学大学院医学研究科教授

【資格等】
  • 日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
【主な所属学会】
  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • ASTRO(American Society for Radiation Oncology)

溝江純悦 非常勤医師

名古屋陽子線治療センター顧問

【資格等】
  • 日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
【主な所属学会】
  • 日本医学放射線学会
  • 日本癌治療学会

陽子線治療技術科

診療放射線技師が在籍しています。放射線治療専門放射線技師、医学物理士、放射線治療品質管理士として認定された診療放射線技師もおります。

診療放射線技師は、治療計画のためのCT撮影や毎日の陽子線照射など、多くの場面で患者さんと接します。また患者さんと接する場面以外でも、「毎日陽子線が決められた線量やエネルギーとなっているか?」、「機械は決められた精度で動いているか?」など装置の品質管理や「どのように陽子線を照射するか?」という治療計画の検討を医師が行う際の補助も行います。

陽子線治療は、患者さんにも、その治療内容をよくご理解いただかなければいい治療を実現できません。そのため、陽子線治療を受けられことが決まりましたら、治療計画のためのCT撮影や実際の治療の流れについて、診療放射線技師がご説明いたします。私たちはコミュニケーションを大切にし、患者さんと信頼関係を築き、そして一緒になって、最高の陽子線治療を実現したいと考えております。

陽子線治療物理科

博士(理学)が在籍しており、医学物理士として認定された者もおります。

私たちは、直接、患者さんと接する機会はありませんが、陽子線治療が最先端の治療であるがゆえに、まだまだ発展途上の部分がある中、精度の高い陽子線治療を実現するために、様々な検討を進めています。

具体的には、質の高い陽子線治療を高精度に、そして効率的に実施するため、決められた精度で装置が動作していることを確認する品質管理や患者さんの治療計画が実際にそのとおりに照射できているかどうかを確認するために、様々な機器の開発を行っています。また、海外の論文なども含め、最新の陽子線治療に関する情報を収集し、患者さんが常に最高の陽子線治療を受けられるよう、日々努力しております。

看護部

看護師が在籍しており、医療機関、患者さんからの相談、治療中から治療後まで通じて患者さんのケアを担当します。

がんと診断され陽子線治療を検討しておられる方へ…。
多くの不安を抱えていらっしゃると思いますが、どうぞ何でもご相談ください。
当院で陽子線治療中の患者さんへ…。
何か気になることがございましたら、お気軽にお声かけください。治療後も、お気軽にお電話でお問い合わせください。ご相談、適切な対処方法などをお知らせさせていただきます。
私たちは、専門的な知識と技術により、患者さんを尊重した温かく質の高い看護を提供します。

運営企画室

私たちは、地域医療機関や関連機関との連携を確立し、患者さんがどこの病院に受診されても、当センターを受診していただくことが可能となる環境を整えていきます。

運転保守チーム

装置の技術者が勤務しています。陽子線治療システムは非常に複雑なシステムであり、専門の技術者が診療の終了した夜間や週末に機器の点検を行うことで、システムの稼働率を高いレベルで維持します。

スタッフ集合写真

平成28年9月撮影

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します