ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します

名古屋陽子線治療センター

生活の質(QOL)に優れたがん治療の実現を目指して。

  • 文字を大きくするには
  • サイトマップ
  • English

センターの紹介

ホームセンターの紹介当センターの治療実績

当センターの治療実績

当センターは平成25年2月に前立腺がんの陽子線治療を開始し、その後、対象疾病を肝臓がん、肺がん、頭頸部腫瘍、骨軟部腫瘍、すい臓がんと拡大してまいりました。
平成28年4月からは、小児腫瘍(限局性の固形悪性腫瘍)への陽子線治療が保険診療となり、その他の疾病については、引続き先進医療として治療を行いました。

開設から平成30年3月末までに2,095名の患者様の陽子線治療を行ってきました。
現在のところ前立腺がんが全体の4割強を占めておりますが、これは最初に治療を始めた疾病ということであり、、その後治療を開始した肝臓がんや肺がんの割合も増えてきました。また、平成26年10月から開始した前立腺がんの少分割照射(治療期間が従来の約2カ月から約1カ月に短縮)については、開始以降9割を超える方が少分割照射による治療を受けています。

なお、平成30年4月からは、新たに前立腺がん、骨軟部腫瘍・頭頸部腫瘍の一部への陽子線治療が保険診療となっています。

開設から現在までの状況(患者動向) 平成30年3月末時点

(1)部位別治療患者数

部位別治療患者数の円グラフ

部位別治療患者数
部位 人数
前立腺 873
肝臓 433
304
頭頸部 70
骨軟部 28
すい臓 47
小児 30
その他 310
合計 2,095
(2)居住地別治療患者数

居住地別治療患者数の円グラフ

居住地別治療患者数
居住地 人数
名古屋市 647
愛知県 905
岐阜県 229
三重県 193
その他 121
合計 2,095
※愛知県は名古屋市を除く
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
フッターメニューへ移動します